To Top
  • Stimson Fujin Memorial
  • Keep Kyoto, Kyoto-rashiku

ONJIN.COM


Stimson Fujin MemorialKeep Kyoto, Kyoto-rashiku

Stimson Fujin
Memorial

京都はどのような偶然から被爆を免れたのか知っていますか。

今もなお日本文化を象徴する都市であり、世界の禅仏教の中心地として発展する千年の都、京都。世界で最も偉大な文化の一つが生きたまま真摯に守り継がれている京都は、日本人にとっては勿論のこと世界中の文化知識人全ての良心の拠りどころとなっています。

一方、京都の歴史には厳しい側面もありました。源平合戦の戦端となった宇治の橋合戦 (1180年) 、続く法住寺合戦 (1184年) 、さらに時を下った応仁の乱 (1467 ~ 1477) などがそれです。10年に及ぶ応仁の乱の戦火により焼け落ちた京都は暴徒による略奪の場と化してしまったにも関らず足利義政はこれを顧みることなく和歌を始めとする文化活動に勤しみ、祖父である足利義満が造営した鹿苑時(金閣寺)に対抗して銀閣寺建立を計画していました。

こうした多くの災難、火災に見舞われながらも千年以上に渡り文化や歴史を守り続けた京都に1945年、最大の危機が訪れます。1945年7月25日、アメリカは日本の4都市への原爆投下を決定しました。京都は無慈悲な太平洋戦争の被害が皆無であり、しかも原爆投下には恰好の地形であったにも関わらず、投下目標リストにその名がなかったのはなぜだったのでしょう: 1945年4月、マーシャル大佐はマンハッタンプロジェクトの責任者であったレスリー・グローブスに最終的な原爆投下目標リストの作成を要請しました。リストの一番上に”京都”とあるのを知った当時の戦争大臣、ヘンリー・スティムソンは最高機密であるにもかかわらず、京都は地球上から消えてしまうだろうと妻に打ち明けたのではないだろうか。そして5月29日の夜、スティムソン夫人は夫に京都投下は “NO” と言い張ったのではないかと推測されます。現在、研究者達によって集められた多くの証拠によりこれが真実だろうと考えられています。夫人は素晴らしいハネムーンを過ごした美しい思い出の場所を守りたかったのでしょう。

翌日、5月30日、愛妻家であったスティムソンはグローブスに京都の歴史的、宗教的、文化的意義を説き目標リストから外すよう頼みましたが、軍事的、工業的意義を指摘して反論するグローブスに拒否されたスティムソンは今度はトルーマン大統領に頼みました。トルーマンはスティムソンの話に耳を傾けると笑いながら頷き、京都は一旦リストから取り除かれたのでした。グローブスは7月に京都をリストに戻そうとしましたが、スティムソン(スティムソン夫人)は断固として拒否の姿勢を貫き、ついに7月25日、スティムソン夫人のノスタルジーのおかげで、京都はリストから外され最大の危機を免れたのです。

私たちは京都にスティムソン夫人の記念碑建立を計画しています。 京都の恩人ともいうべき彼女の記念碑にサポートをお願いします。

賛同してくださる方はこちらをクリックしてください。

Support

コンタクト

Kyoto apps for your iPhone/iPad

Stimson Fujin
Stimson Fujin

KYOTO
HONEYMOON PLATE

KYOTO HONEYMOON KIYOMIZU-YAKI
Collectors Kyo-Yaki memorial plate.
Genuine Unraku-gama pottery.

I am just the descendant of simple Hungarian horsemen, but due to a number of unpredictable, random and perhaps fortunate circumstances and events since the 1956 Budapest bloodbath, I ended up in Kyoto 1971 Obon (August) and learned to appreciate this one thousand years old Zen capital.
When writing my book "Zen in War” 30 years later, I researched some facts about the planned and intended nuclear bombing of this city.
The extinction of about half a million Kyoto citizens and the eradication of centuries old Zen-Buddhist history, art, architecture and sacred temples, was presumedly stopped by the wife of Mr Stimson, secretary of war at the time.
In the evening 29 May 1945 , after that the selection of the target was made by the US military, he broke top secret rules, and told his wife about the plan of nuclear bombing Kyoto, their honeymoon city.
There are of course no witnesses to her reaction, but next morning Mr Stimson begged President Truman to take Kyoto of the atomic-target list, whispering the reason into his ear.
The President laughed and nodded an OK.
Stimson remarked, “please forgive an old man."

A honeymoon in 1893 saved Kyoto in 1945. They stayed at Miyako Hotel, like all foreigners at the time. Miyako Hotels




President Truman
"The President laughed and nodded an OK.

Kyoto Honeymoon Plate
Kyoto Honeymoon Plate




Hence we are a group, who have decided to erect a memorial to Mrs Stimson and her generosity of saving Kyoto and created this "Collectors Kyoto Plate" for compassionate visitors .

It is genuine, unique Kiyomizu-yaki by Unraku Kiln. UNRAKU-gama

It can only be purchased here in Kyoto and you will contribute to the Stimson-Fujin memorial.
With your full name if you desire.

You can find our "Kiyomizuzaki Honeymoon plate" on Google map.
It is next to World Heritage "33 Gendo Zen Temple” in Kyoto.


Sincerely
Gabor Niels Fabricius
Onjin.com team

Support

コンタクト

Keep Kyoto,
Kyoto-rashiku

onjin

京都は安価なマスツーリズムにより再び重大な危機にさらされています。
Keep Kyoto, Kyoto-Rashiku を合い言葉に、このマスツーリズムから京都という古の世界遺産を守り、アムステルダム、ベネチア、フィレンツェなどの世界遺産の過ちをくり返さないようにしよう。


1. 騒音公害を無くす:

バス、電車、公共交通機関、公共の場所、博物館、観光スポットでのアナウンスは、日本語と英語だけに。 歴史的な観光都市アテネ、ローマ、ベネチア、フィレンツェ、パリ、バルセロナ、マドリード、ウィーン、アムステルダム、ベルリン、コペンハーゲンでは、観光客への案内アナウンスは英語だけです。当然ながら、マチュピチュ、クスコ、ユカタン、北京、ラサ、敦煌、西安、泰安、ルクソールをはじめとするその他の世界遺産も外国語でのアナウンスは英語のみでなされています。 また、すべての言語やガイドブック上で京都は ”Kyoto” と統一する必要があります。 アメリカ人やヨーロッパ人が京都を中国語の発音で \“Jingdu" と呼ぶようになったら、大きな問題です。


2. ノープラスティック:

お寺や神社の半径100m以内で3階建以上の建物を新築する場合は、地域住民と寺社当局双方の許可を必要とする。 京都の中心部や歴史の古い寺や神社の近くにはコンビニショップは言うまでもなく、あまりにも多くのスターバックス、マクドナルド、ダンキン、タリーズが店を構えています。コーヒーやお茶を飲む際にこれらの場所から輩出されるプラスティックゴミを無くすよう世界に先がけ京都が率先して行動するべきと考えます。それには実行するための手段、制限、規制を直ちに打ち出し、東京オリンピックの前に具現化するべきである。また、お寺や神社、社会的機関や公共の場でのプラスティックの看板や広告を控えることとし、歴史的京都全域が視覚的に汚染されないように自己管理を確認し規制するべきである。


3. 視覚汚染を無くす:

全ての着物レンタル業者には観光客への着物を適正に着付ける免許を義務化する。免許なく営業する場合はペナルティーを科すべき。お寺や神社等、観光施設を除く店舗、カフェ、レストラン、その他のビジネスに於いて、看板や情報は日本語と英語だけにすべき。


4.

日本の中高生と高齢者を除く全ての訪問客は京都駅に到着する時点で、JRパスや観光ビザなどで特別料金を徴収できるようにする。お寺や神社での携帯電話の受信を含む使用、カメラやビデオ撮影は禁止又は抑制されるべき。


5. 自転車観光の奨励:

真っ直ぐな京都の道は自転車での移動が容易で世界で最高の自転車の街です。 自転車文化の公共インフラは有名なコペンハーゲンやアムステルダムよりも優れています。 騒音を伴わない自転車による観光は促進され、奨励され、支援されるべきである。


Gabor Niels Fabricius
コンタクト

Zen In War Book by Gabor Fabricius

ZeninWar

コンタクト

Keep In Touch

Tel: +81 090 9141 3060

Gabor Niels Fabricius
600-8148, Kyoto,
Shimogyo-ku, Ameya-cho,238-1

info@onjin.com

onjin.com